検索

備後表の織機再生 研究論文が高評価

最終更新: 10月14日

継承会の会員企業の全面的な技術協力により、希少な動力中継織機が再生(修理・復元・改良)され、商用レベルで動態保存することができました。「備後三蔵動力中継織機(三蔵中継)」と命名されました。その再生プロジェクトに関する論文が一般財団法人住総研の「研究・実践選奨」を受賞しました。http://www.jusoken.or.jp/commend/recommend.html(2020.7.29中国新聞 掲載許諾)



14回の閲覧

最新記事

すべて表示

後援イベント:第4回ギャラリー蔵フォーラム

延期していたギャラリー蔵フォーラムですが、2/21(日)に開催が決定しました。基調講演には、漆作家で、広島市立大学芸術学部・教授の大塚智嗣氏をお迎えします。また、世界遺産検定講習会も同時開催します。詳細は後日お知らせします。コロナ対策のため、事前申込先着順となります。

ABOUT US >

本会は「備後表継承会」と称する。畳を日本建築文化の核心と捉え、藺草による畳文化の継承を大きな目的とし、備後地域発祥の中継表の技術継承も含め、備後藺草(地草)による備後表を地域協働で後世へ継承することを目的とする。

CONTACT >

備後表継承会事務局

729-0252 広島県福山市本郷町3020

アトリエ本郷内「藺庵」

T: 050-5319-4448

E-mail: infoアットbingo-igusa.com

© 2018 Society for the Safeguarding of Bingo-omote and Bingo-igusa