検索

「備後表」の復興を目指す


2020.9.22山陽新聞記事(掲載許諾) 記事中の河田さんの名前は、陽依菜です。

当会は、かつてのような「復興」を目指しているわけではありません。最低限、次世代まで備後藺草をゼロにせず継承すること、できれば備後地域で合計1ha=1町=10反を確保して持続可能性を担保すること、が当面の目標です。なお、全ての藺草栽培の主体は、佐野商店です。



30回の閲覧

ABOUT US >

本会は「備後表継承会」と称する。畳を日本建築文化の核心と捉え、藺草による畳文化の継承を大きな目的とし、備後地域発祥の中継表の技術継承も含め、備後藺草(地草)による備後表を地域協働で後世へ継承することを目的とする。

CONTACT >

備後表継承会事務局

729-0252 広島県福山市本郷町3020

アトリエ本郷内「藺庵」

T: 050-5319-4448

E-mail: infoアットbingo-igusa.com

© 2018 Society for the Safeguarding of Bingo-omote and Bingo-igusa